ダンディハウスの脱毛

 

ダンディハウスは、「日本で最初の男性専用エステ」として知られています。オープンは30年近く前です。

 

「ダイエット」「フェイシャル」「引き締め」「ブライダル」と美容全般を扱っています。脱毛はその中のひとつのコースという形です。

 

脱毛方法は「ニードル脱毛」です。

 

これはかつてはヒゲに限らず、体のどの部位を脱毛するにも唯一の方法でした。

 

細い金属棒の先端で熱が発生するようになっています。これを手作業で、毛穴ひとつずつに当てていきます。

 

もちろん、毛穴の数だけこれを繰り返す必要があります。細かい作業になりますので、担当者には特別な技能と熟練が必要になります。

 

時間もかかり、その分、料金も高くなります。

 

また、痛みも強めです。特に下手な担当者に当たると悲惨です。痛みが倍加します。

 

エステサロン側にすると、担当者を確保するのが難しく、お客の側でもありがたくない方法でした。

 

このため、光のエネルギーで毛母細胞を焼く光脱毛が開発されると、どんどん置き換えられていきました。

 

が、光脱毛にも欠点があります。まず、ニードル脱毛と違い、永久脱毛ではありません。何年か後にはムダ毛が再生する可能性があります。

 

また、2センチ×3センチといった範囲に一度に照射します。ニードル脱毛のように、「このラインまでは処理する」とか「毛穴の2個に1個だけ処理して、全体的に薄くする」といったことはできません。

 

つまり、あまりヒゲの脱毛には向いていないのです。

 

ダンディハウスでは、しっかりと熟練の担当者を確保して、このニードル脱毛を採用しています。いずれも国内外の資格取得者ですから、安心して任せることができるでしょう。